星野リゾート 西表島ホテル

Iriomote Guide Walk

西表島のエコシステムを構築した自然環境を知る
「イリオモテガイドウォーク」
ジャングルコース&マングローブコース

西表石垣国立公園に位置する「星野リゾート西表島ホテル」では、2021年7月24日より、西表島(いりおもてじま)のエコシステムを構築した自然環境を知る「イリオモテガイドウォーク」ジャングルコースとマングローブコースを開始します。ホテル敷地内にあるジャングルや、ホテル目の前に広がる月ヶ浜、マングローブ群を、西表島愛に溢れたスタッフがガイドします。スタッフと歩くことで、普段何気なく見ている倒木や幹の穴は、島に棲む生物にとって重要であることや、汽水域 (*1) に棲む生物の繋がりが西表島のエコシステムを支えていることを知ることができます。

(*1) 海洋の海水と河川などの淡水が交じり合う水域

西表島には、様々な生物が生息するジャングルや広大なマングローブ群が広がる汽水域があります。そんな大自然の中で、それぞれが独自の進化を遂げ、ジャングルを形成するためのエコシステムを構築しています。日本初のエコツーリズムリゾートを目指す当ホテルは、島の自然環境を保護し、持続可能な観光の仕組み作りのために、西表島の生態系の価値を知っていただくことが必要だと考えています。本格的なフィールドでありながらも、気軽に参加できるプログラムです。

<特徴1>
ジャングルとマングローブを
日替わりで案内
〜ジャングルコース〜

ホテル敷地内のジャングルには、ヤエヤマクロキやサキシマハブカズラなど30種類以上の植物が自生しており、それぞれが独自の生態系を築き、時には協力しあって生きています。普段は何気なく見ている倒木や幹の穴は、生物にとって大事な住処であり、植物にとっての栄養素にもなります。ジャングルコースでは、植物や生物が太陽の光にあたるために、競争率が高いジャングルの中で生き延びていく為の戦略を、目で見て、触って、楽しみながら知ることができます。

ジャングルとマングローブを
日替わりで案内
〜マングローブコース〜

西表島の固有種であるトゥドゥマリハマグリや、海沿いから汽水域に棲む生物の紹介をします。マングローブが育つ汽水域には、絶滅危惧種のウラウチフエダイやスナガニ、サギなどさまざまな生物が共存しています。汽水域に棲む生物の繋がりが西表島を支えていることを、実際に目で見て、知ることができます。

<特徴2>
西表島愛に溢れた
ホテルスタッフがガイド

西表島愛に溢れたホテルスタッフが、自然の魅力を案内します。ガイドそれぞれ得意な分野があり、倒木ひとつとっても、虫視点でみる活用方法や植物視点でみる環境への影響など、自然の見え方、面白さの伝え方が違います。多くの生物の存在、生態系があるからこそ西表島の自然が豊かであることを、西表島愛をもって伝えます。

期間: 2021年7月24日(土)〜通年
時間: 9:00、10:00、16:00、17:00(各回約45分間)
料金: 無料
場所: ジャングル、汽水域
対象: 宿泊者限定
定員: 各回8名
予約: イリオモテガイドウォークの詳しいご案内
備考: 最高水準のコロナ対策宣言 星野リゾートが考える3密回避の旅